ヒューマンビートボックスのやり方

ヒューマンビートボックスをはじめる前に

ヒューマンビートボックスは声でドラムのパートを表現することですが、そのやり方を覚える前に大事なことは自分のリズム感がどの程度か知っておくことが大事です。

曲を聴きながらリズムの裏を取ることができるか、またアカペラの状態で一定の正しいビートを出し続けることができるか、ハンドクラップなどで確認してみてください。あまりリズム感が良くないと感じた方は、演奏者が練習で使用するリズムマシーンなどでリズム感を鍛えることも必要です。

あとは聞いていてカッコイイと思えて、なおかつ本当にウマイ人のボイパを録音して、飽きるほど聞き続けてみましょう。声の感じやビート感が、からだに染みこむまで聞き込むと、自然と自分でも同じようなボイパを出せるようになるものです。